東京都中野区 小学生野球チーム 白鷺ヘロンズ 亀井監督への取材と感想

2月に入り、野球熱も少しづつ盛り上がっている中、西中野小学校にお邪魔して、中野区の小学生野球チーム、白鷺ヘロンズの亀井監督さんにインタビューをお願いしました。

名前の由来ですが白鷺というのは、私も知らなかったのですが、中野区のこの辺りは白鷺地区とよばれているそうです、また、ヘロンズは白鷺の英語名ということで白鷺ヘロンズになったそうです。

チームの設立は正確な年代は分からなかったのですが、1950年代っということはなんと、創立60年になろうとしているのですね!

亀井監督さんは監督歴6年ですが、コーチその他の経験も長くされていたそうです。前身のチーム名は スノーヘロンズ というチームだったとお聞きしました。

現在のチームは低学年14人、高学年19人の33人で中野区で活躍されています、最近の都心のチームとしては大所帯ではないでしょうか?

主な練習場所は今回のインタビューの場所、中野区立西中野小学校がメインの練習場所で、もちろんこの小学校の生徒さんが主力メンバーで活躍されているようです。

インタビュー後記

亀井監督さん、見て頂いておわかりの通り、とても温厚な監督さんでした。

練習前のインタビューだったのですが、インタビューをしている最中に子供たちが次々の入ってきて、変な表現ですがとても平和な感じがしたのが印象に残っています。

今シーズンも中野区を勝ち抜いて上位大会での活躍も見せてください。

インタビューを受けて頂いてありがとうございました。

追記

白鷺ヘロンズさん出身の野球選手をお聞きしました。有名選手を輩出しているチームですね!

井坂亮平選手(藤代高、中央大、住友金属楽天
木南了選手(千葉経済大付属高、帝京大日本通運
常道翔太選手(東海大菅生高、東海大三菱日立パワーシステムズ横浜)

<"">

人気記事

kantoku.clubツイッター

問い合わせ先

J:COMアーカイブ

アーカイブ

カテゴリー

スポンサーリンク

Facebook

PAGE TOP