神奈川県川崎市坂戸第一ドジャーズ 丸橋監督への取材と感想

8月に境川遊水池少年野球場で行われた専修大学カップの際、神奈川県川崎市高津区の強豪チーム、坂戸第一ドジャースの丸橋監督三にインタビューをお願いしました。

 

8月ですのでシーズン真っ最中のインタビューでした。

丸橋監督さん、突然のインタビューのお願いだったのですが、前から打ち合わせていたように、チームの状況、活動などをとても分かりやすくしていただき、など特にトレーニングや、オフシーズンの過ごし方などは参考になると思います。

 

チームの設立は1988年ですので28年目のチームで丸橋監督さんは監督歴5年目監督さんです、チームは神奈川県川崎市立坂戸小学校の生徒さんが多く2106年度のチームは低学年5人、こうがくねん16人のチーム編成です

 

 

インタビュー後記

やはり川崎の代表で出てきている常連のチームですので、このインタビューの後、他の県大会の監督会議などでも何回かお見かけしました。

 

やはり、丸橋監督さんも例に漏れず低学年の人数が少ないことを心配しておりました。試合が成り立たないというのは運営している方からすれば一番さみしいことだと思います。

しかし、チームは10月23日に行われた 第27回川崎市学童軟式野球大会も見事に優勝されたようですので、2017年のシーズンも神奈川県内でも中心になるチームになるのではないでしょうか?

 

<"">

人気記事

kantoku.clubツイッター

問い合わせ先

J:COMアーカイブ

アーカイブ

カテゴリー

スポンサーリンク

Facebook

PAGE TOP