東京都 中学硬式 世田谷西リトルシニア 蓬莱総監督インタビュー

6月の晴天の土曜日に大田区田園調布の旧巨人軍グラウンドにおじゃまして、リトルシニアリーグの名門チーム「世田谷西リトルシニア」の蓬莱総監督にお話をお聞きしました。野球関連の方でしたらご存じだと思いますが、蓬莱昭彦監督は西武ライオンズの黄金時代、中日ドラゴンズの選手経験だけでなく、その後の世田谷西で5度の全国制覇、その後湘南シーレックス・横浜ベースターズの守備走塁コーチを経て、世田谷西に戻ってこられた、選手・指導者としても有名な方です。

もちろん、世田谷西リトルシニアは過去に日本選手権も5回優勝と、硬式少年野球界で全国的にも有名なチームでもあります。

2017年のチームは何と1学年50名、合計150名の巨大なチームをマネージメントしています。これだけの人数がいると出身学童チームも多いのですが、殆どは小学生の時は軟式野球の出身者というこで、高校野球の学校名も野球でよく知っている学校は殆ど名前が出てきてしまうほどです。

ちなみに出身の現役プロ野球選手は2015年の読売ジャイアンツ5位指名 山本泰寛選手が活躍しているそうです。

 

インタビュー後記

蓬莱総監督、実は昔からお世話になっている監督さんなのですが、ホームグラウンドでお会いするのは初めてでした。とてもリラックスした中にも自信に満ちあふれた受け答えで、蓬莱監督がいつもより大きく見えました。

世田谷西のモットーはここでは高校野球の土台を作るのが目的で、全員を試合でプレーさせることを目標としている話お聞きして長年の指導経験から中学生をどの様に伸ばすを理解している監督さんだと感じました。チームの規模だけではなくとても組織だった運営と活動がされている組織でもあります。

人気記事

kantoku.clubツイッター

問い合わせ先

J:COMアーカイブ

アーカイブ

カテゴリー

スポンサーリンク

Facebook

PAGE TOP