読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

軟式野球チームの監督インタビュー、小学生チーム、少年野球、中学生チームの取材と感想

軟式野球の主役の1人、軟式野球の監督をインタビューしながら、軟式野球の話題も入れていきます。少年野球の様子や小中学生の試合の様子を動画で楽しみましょう!

初めての方はここから、軟式野球監督インタビュー

f:id:baseball-birthday:20160909154502j:plain

初めに

学童、少年の軟式野球の監督さんにもっとスポットを当てたいと、2015年より地元の学童野球の監督さんから初めて、監督さん同士に紹介していただいて、ここまで広がってきた軟式野球の監督インタビューです。

 

まだ、初めて1年6ヶ月ですが、現時点で300人以上の監督さんとお会いすることが出来ました。やるほどにインタビューが楽しくなり、毎週グランドに行くのが日課になってきた最近です! まだまだ、活動範囲は狭いのですが、何十年後の??全国制覇を目指して、今週も頑張っていきます!

 

ボーイズやリトルシニアの硬式野球もやらないの? っとよく聞かれるのですが、そこまで、手を広げられないので、このサイトは軟式野球のみで行く予定です!

軟式ならではの強み、悩みなどの話もまとめて行きたいと思います。

神奈川県横浜市鶴見区 潮田イーグルス 山内監督への取材と感想

学童(小学生)軟式野球チーム 横浜北ー学童野球

ずいぶん、ご紹介が遅くなってしまいましたが、2016横浜銀行カップ 神奈川県学童軟式野球選手権大会の際に、戸塚区の境川遊水池少年野球場で撮影させて頂きました、潮田イーグルスの山内監督さんです。

 

潮田イーグルスの設立は43年前とお聞きししたので、1973年あたりでしょうか?横浜市も歴史の有るチームが宇多いですね。町会から発展して出来たチームだそうなのでメインの小学校は地元の横浜市立潮田小学校の生徒さん達だそうです。

山内監督さんは監督就任1年目の監督さんで、2016年は、高学年20名、低学年8名のメンバーを引きいて戦いました。

 

インタビュー後記

今年は、東京新聞社杯にも素晴らしい成績を収め、素晴らしい一年だったのではなかったのではないでしょうか?

横浜市はどの地区も強豪揃いですので地区の代表チームは比較的毎回選ばれるチームが違う地域だと思います。

この時は夏の大会の締めくくりの大会の初回戦で忙しいさなかにお願いしたのに、ご紹介が遅くなって申し訳ありませんでした。

今年も残り少なくなってしまいましたが、来年度も県大会に出場して素晴らしい成績を収められることを願っています。

長野県茅野市永明野球クラブ 今村監督への取材と感想

長野県

今回も長野県の諏訪スタジアムで行われました、第7回チャリティーベースボール大会の際にインタビューをお願いした,永明野球クラブの今村監督さんです。

 

チームの設立ですが約45年前ということですので、1970年辺りの設立,2016年度のチームは低学年17人、高学年23人の40人のチームと言うことですので,学童野球としては大規模なチームの部類に入ると思います。

 

メインの小学校は茅野市立永明小学校の生徒さんでそれがそのままチームの名前になったそうですが、いくつかのチームが合流して今のチームになっているそうです。

 

監督歴は6年目の監督さんででインタビューでもおっしゃっていますが、息子さん達もも野球をされているそうで、一緒に成長しながら監督をされている子供達との一体感が感じられる監督さんでした。

 

 

インタビュー後記

多くのチームをインタビューさせて頂くと、就任したばかりの監督さん、ちょうど脂ののりきったの監督歴5~15年位の方、円熟の監督さん、沢山おられますが、出来れば以前にインタビューさせて頂いた、監督さんにも、その後シリーズみたいな企画も行って行きたいですね!

2度目以降はもう少し、カジュアルな感じで短くとらせて頂いても良いと考えでいます。